不安に感じる在籍確認

誰にもバレずにカードローンを利用することは果たして可能か

不安に感じる在籍確認

カードローンを申込んだとしても、やり方を間違えなければ簡単にはバレません。しかし、カードローン申込時の心配事の1つに在籍確認があります。在籍確認とは、申告した職場に本当に在籍しているかの確認です。

 

カードローン申込時には審査がありますが、審査は申告された生年月日や勤め先、収入などの情報を参考に行います。申込者の中には、審査に有利になるようにと、嘘の申告をする人もいます。特に働いて収入を得ているかどうかは、返済能力を調べる上でとても重要です。そこで、申告した職場で本当に働いているのかを確認する必要があります。

 

カードローンを内緒で申込む上で在籍確認が心配だという理由は、その手段にあります。在籍確認は基本的に電話で行われます。審査を行う職員が、直接職場に電話をかけて確認を取るのです。職場に電話を掛けられるのは困るという人は多いです。職場の人にカードローンの利用がバレてもいいと言う人は少ないでしょう。

 

しかし、職員もカードローンの審査のための在籍確認だと言って電話をしてくるわけではないので心配はりません。本人以外の会社の人が電話に出ても、「鈴木と申しますが○○さんいらっしゃいますか?」というように、カードローンの会社名ではなく、個人名でかけてくるので、在籍確認でカードローンとバレるわけではないのです。

 

ただし中堅どころの消費者金融などでは手続きが雑になる場合があるので、安心して在籍確認を進めたいのであれば大手の信頼ができるところを利用すべきです。人気の借入れ先としてはプロミスがあり、在籍確認などの手続きで不安な面があれば札幌にあるプロミス店舗でも相談や確認が行えるため、安心して契約が進められるようになっています。